永夜の月輝 ~Eternal Lunalight~

とある団長の活動記、あとは日常の戯言を思いついた時に適当に書いていくブログ。

解き放たれし罪

さあ、どんどん行くぞっ!
さっきの記事はあくまでも「序章」。ここからが本番だ!

久しぶりのデッキ紹介。今年に入ってから初な気がする。
さあ、今日公開するデッキと言えばもうこれしかないだろう!

【Sin】

そりゃムービーパックも発売して、完全に完成したからな。
さあ行くぞ。これが我が【Sin】デッキだ!

『Sin・ダークパラドックス』
メインデッキ
Sin トゥルース・ドラゴン ×1
Sin スターダスト・ドラゴン ×1
Sin 青眼の白龍 ×2
Sin 真紅眼の黒竜 ×2
Sin サイバー・エンド・ドラゴン ×1
Sin レインボー・ドラゴン ×2
Sin パラレルギア ×3
青眼の白龍 ×2
真紅眼の黒竜 ×2
究極宝玉神 レインボー・ドラゴン ×2
Sin World ×3
死皇帝の陵墓 ×2
テラ・フォーミング ×3
打ち出の小槌 ×1
アームズ・ホール ×1
軽量化 ×1
カードトレーダー ×1
D・D・R ×1
巨大化 ×1
Sin Claw Stream ×3
スキルドレイン ×2
サンダー・ブレイク ×2
デストラクト・ポーション ×1
エクストラデッキ
Sin パラドクス・ドラゴン ×3
スターダスト・ドラゴン ×1
サイバー・エンド・ドラゴン ×1

このデッキを作る時のルール。
「メイン・エクストラデッキに投入するモンスターは、全てSin及びその対となるモンスターにしなければならない」
これにより、純正Sinデッキとなった。

ちなみに、メインデッキのスーパーレア以上のカード、24枚。
ムービーパックは全部シークレットレア、他のSinも本の付録だったからな。
モンスターに至っては、メイン・エクストラ共に全部スーレア以上。

では、細かい動かし方なんぞを。
長くなりそうなんで、こっから先は追記で。

……コメント返信以外で追記使うの初めてだな。
と言うかそのコメント返信も最近無いから、追記なんて使わなかったんだよな……。

青き瞳の覚醒は、追記の最後に。



では、動かし方。
と言っても、基本「Sinを出して殴る」以外に無いのですが。
まあ個別に見ていきましょう。

まず《Sin World》。
何が何でも最優先で出したいフィールド魔法。
これが無いと《Sin パラドクス・ドラゴン》が使えん。
(これに関しては、あとでまたちょいと触れる)
基本的に、これがある時は通常ドローはせずに、サーチ効果を使う。
その時に欲しいと思うSinカードを選べばいいだろう。

《死皇帝の陵墓》は、《青眼の白龍》《真紅眼の黒竜》を引いた時のため。
ただし、ライフ消費が激しいので、どうしてもという時以外の使用は危険。
基本は、Sinの維持のために使うが、《Sin World》もあるので普段はあまり使わない。

《打ち出の小槌》《軽量化》《カードトレーダー》は手札交換用。
対となるモンスターを引いた場合や、手札が悪い時に。
特にフィールド魔法が無い場合は即使用したい。

《アームズ・ホール》《D・D・R》《巨大化》は、チャンスの時に。
《D・D・R》は除外された《青眼の白龍》や《真紅眼の黒竜》の特殊召喚に。
《巨大化》は、ライフ消費の激しいこのデッキならば簡単に使えるだろう。
《Sin トゥルース・ドラゴン》に使えば、攻撃力は10000に達する。
《アームズ・ホール》のデメリットも、通常召喚をほとんど行わないこのデッキならば気にならないが、《Sin パラレルギア》がある時は注意。

《サンダー・ブレイク》は、相手の邪魔なカードを叩き割ったり、自分のSinを破壊して《Sin トゥルース・ドラゴン》の特殊召喚を狙ったりと、用途は広い。
特殊召喚封じや戦闘耐性を持つ奴を狙うといいだろう。
《デストラクト・ポーション》は《Sin トゥルース・ドラゴン》のトリガーとなりつつ、ライフ回復によってライフコストを少しでも補うのに使う。

また、《Sin トゥルース・ドラゴン》は相手の破壊待ちだけでなく、自分でも出せる。
前述した《サンダー・ブレイク》《デストラクト・ポーション》以外にも、《Sin パラレルギア》の自爆特攻やSinの自壊を利用したフィールド魔法の張り替えなど。
《Sin World》が無い時に《Sin パラドクス・ドラゴン》を出し自壊させる手もある。

裏技。《スキルドレイン》発動中は、既にSinがいる状態でも《Sin パラレルギア》の召喚が可能。
さらに、そのまま《Sin パラドクス・ドラゴン》のシンクロ召喚も可能である。
つまり、Sinを2体並べることが出来るということだ。覚えておいて損はないだろう。
もちろん、《スキルドレイン》の破壊には注意が必要であるが。

とにかく、《Sin トゥルース・ドラゴン》の召喚でライフ消費が激しくなるので、極力短期決着を狙いたい。
また、モンスターの展開のほとんどを特殊召喚に頼るので、特殊召喚封じを出されるとかなり厳しい戦いを強いられる。
《大天使クリスティア》《王宮の弾圧》などは、即《サンダー・ブレイク》で排除したい。
戦闘耐性を持つモンスターで凌がれるのも困るので、同様に《サンダー・ブレイク》や《Sin Claw Stream》で除去するのが望ましい。
攻撃力が高いので戦闘面ではほぼ負けることは無いが、高攻撃力の宿命として《魔法の筒》や《ディメンション・ウォール》には警戒したい。
ライフを消耗したところに撃ち込まれると、それだけで死にかねない。
相手の攻撃力によっては《オネスト》にも注意が必要だ。

青き瞳の覚醒
一族の結束 ×1
スポンサーサイト



  1. 2011/02/26(土) 21:38:56|
  2. 遊戯王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リミッター解放、レベル10! | ホーム | 解き放たれし罪・序章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinparadigmshift.blog137.fc2.com/tb.php/59-769624ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

影月ルナ

Author:影月ルナ
流行嫌いで常に自分の興味のあるものにしか興味を示さない、感覚と価値観が常人とはかけ離れた中二病患者。
とりあえず思ったこと、自分の言いたいことを好き勝手に書き連ねていきます。
意見が合わないと思ってもスルーしてやってください。

コメント返しは、基本的に次の記事で行います。
なお、不快・不審に感じたコメントについては独断で容赦なく削除します。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを貼る際に一声かけてくれると嬉しいです。
相互リンク・ブロともは常時募集中です。

*************************

◆艦隊これくしょん
開始:2014/01/07
所属:単冠湾泊地


◆FLOWER KNIGHT GIRL
開始:2015/09/23

◆Shadowverse
開始:2016/08/22


◆ガールズシンフォニー
開始:2017/02/14


◆Fate/Grand Order
開始:2017/02/18

◆IS アーキタイプ・ブレイカー
開始:2017/12/10


◆アリス・ギア・アイギス
開始:2018/01/31

◆宝石姫 JEWEL PRINCESS
開始:2018/05/04

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
雑記 (199)
遊戯王 (54)
ヴァンガード (179)
東方Project (26)
艦隊これくしょん (242)
FLOWER KNIGHT GIRL (171)
その他ゲーム (10)

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる